【参院選】物価高、防衛費で論戦 首相「政治の安定を」 立民代表、庶民感覚強調

与野党は16日、参院選(22日公示、7月10日投開票)に向けて物価高や防衛費増額への対応を巡り論戦を展開し、党首らの活動を本格始動させた。岸田文雄首相(自民党総裁)は党会合で、物価高騰への不安が国民の間に広がっている今こそ「政治の安定を実現.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録