投票率アップにネット活用 選管、若年層への発信狙う

 参院選の投票率
 参院選の投票率
7月の参院選に向け、各地の選挙管理委員会は若年層の投票率上昇のためにインターネットを活用した取り組みを進めている。2019年の参院選の投票率は50%を割り込んだ。特に10~30代は30%台に落ち込んでおり、各選管は「若者に届きやすい交流サイ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録