川崎町町内会が防災ウオーキング 久慈、避難場所など確認

久慈市役所周辺を歩き、危険箇所などを確認する参加者
久慈市役所周辺を歩き、危険箇所などを確認する参加者
岩手県が3月に公表した最大クラスの津波による浸水想定を踏まえ、久慈市の川崎町町内会・川崎町自主防災会は11日、防災ウオーキングを実施した。住民が町内を歩いて観察し、災害発生時の避難場所や避難路などを確認。いつ起こるか分からない地震や津波に備.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録