虐待逃れた末に被害 相談体制づくり急務/AV被害救済法

 被害者支援団体や業界従事者側の批判
 被害者支援団体や業界従事者側の批判
アダルトビデオ(AV)の出演被害を防止・救済するための新法が成立した。年間を通じて大量に映像が流通するAV業界。中には虐待や貧困、過去の性暴力の心の傷を抱え、やむを得ずに出演した人もいる。被害を相談しやすくなる国の体制づくりが急務となってい.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録