Free朝のニュースダイジェスト(6月15日)

【子どもへの給付金は10月以降/青森県】
 青森県は14日、子育て世帯の経済的負担軽減策として計画する、子ども1人当たり2万5千円の給付事業について「10月以降、準備が整った市町村から支給が始まる」との認識を示した。

 【小桧山市長、任期残り1年】
 三沢市の小桧山吉紀市長(72)は16日で1期目任期が残り1年となる。本紙取材に今後1年間で三沢空港東京線の1日4便化実現に注力するほか、同市堀口地区で民間が計画する開発計画を後押しする考えを示した。

 【15日から公募/階上の企業誘致】
 閉校となった階上町立大蛇小と小舟渡小の跡地を活用した企業誘致で、町は15日、利用企業の公募を始める。貸付先は、事業内容や地域貢献度、金額などを総合的に判断して決定する。7月6日まで。

 【殺人事件の発生から17年/むつ】
 2005年6月、むつ市川内町で発生した殺人事件は、15日で未解決のまま17年を迎えた。むつ署に設置された捜査本部は14日までに延べ13万4020人の捜査員を投入して捜査を継続しているが、容疑者の逮捕には至っていない。

 【岩手で135人の感染確認】
 岩手県は14日、新たに135人の新型コロナウイルス感染を確認し、県内で1人が死亡したと発表した。

お気に入り登録