Freeラーメン店主が経営指南本 石動さん(八戸)会計士の知識生かし

『会計の基本と儲け方はラーメン屋が教えてくれる』
『会計の基本と儲け方はラーメン屋が教えてくれる』

八戸市公会堂内で営業するラーメン店「ドラゴンラーメン」の店長石動龍さん(42)が、『会計の基本と儲(もう)け方はラーメン屋が教えてくれる』を刊行した。ラーメン店店長の経験と、公認会計士・税理士としての専門知識を基に、管理会計の基本を解説した。

 八戸市生まれの石動さんは、全国紙記者などを経て、2020年10月に「ドラゴンラーメン」を開業。石動総合会計法律事務所代表を務め、司法書士、行政書士としても活動している。

 本書は4章に分け、「そもそも『利益』って何?」「ラーメン屋の『減価償却』と『税金』」など、基本知識から少し複雑な会計計算までを、表やイラストと一緒に分かりやすく説明。

 事前準備が不足し、計画に無理がある「なんとなく」の開業に警鐘を鳴らして管理会計の大切さを説くとともに、原価率や広告費、人件費などについても自身の経験を踏まえて具体的に解説している。

 飲食店を経営する上での八戸市という市場の現状や、コロナ禍での休業要請と補償、ウクライナ侵攻などによる物価高といった、石動さんが実際に直面したごく最近の事例も盛り込んだ。コラムでは、ドラゴンラーメンの開業秘話を語っている。

 石動さんは取材に、「ビジネスを続けるには、資金管理と会計の知識が必須です。ラーメンという身近なテーマを通して、ハードルが高いと思われがちな知識を身に付けられます」とアピールしている。

 価格は、税込み1650円、日本実業出版社刊。

お気に入り登録