金融危機以来の「超円安」 投機強まり140円視野

 円相場を巡る市場関係者の見方
 円相場を巡る市場関係者の見方
外国為替市場の円相場が一時1ドル=135円台前半まで下落し、日本経済が金融危機に揺れた1998年以来の円安ドル高水準に突入した。金融引き締めに動く米欧と日銀の金融政策の違いを背景に、金融市場では1ドル=140円を超える円安も視野に投機的な動.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録