支店などを一時避難場所に 青い森信金と八戸市が協定

大規模災害発生時の店舗利用について協定を結んだ熊谷雄一市長(左)と益子政士理事長
大規模災害発生時の店舗利用について協定を結んだ熊谷雄一市長(左)と益子政士理事長
八戸市は6日、青い森信用金庫(益子政士理事長)と大規模災害時の施設利用に関する協定を締結した。市の避難所だけで対応できない場合に、同信金の本店営業部や各支店の計16店舗の会議室などを一時的な避難場所として開放する。 同信金が、災害時の店舗活.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録