天鐘(6月11日)

喜怒哀楽の中でも「怒り」の処理は難しい。相次ぐ値上げで庶民の台所は“火の車”だというのに、物価の安定を主務とする日銀の黒田東彦(はるひこ)総裁は「家計が値上げを受け入れている」と発言。この乖離(かいり)は一体どこから来るのか▼6日の講演内容.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録