不法残留、窃盗などの起訴内容認める ベトナム国籍の男初公判/地裁八戸

不法に国内に残留したなどとして、入管難民法違反や窃盗などの罪に問われた、ベトナム国籍の住居不定、無職の被告(26)の初公判が10日、青森地裁八戸支部(細包寛敏裁判官)であり、被告は起訴内容を認めた。 冒頭陳述で検察側は、被告が3月16日、万.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録