時評(6月10日)

7月10日の投開票が想定される参院通常選挙まで1カ月となった。政権選択の性格が薄い参院選だが、岸田文雄首相と政権党そして各政党に対する有権者の評価が明らかとなる。 だが、問われるべき「岸田カラー」をはじめ、各党の姿勢には有権者が判断に迷う点.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録