聖愛が準々決勝へ 久慈はサヨナラ負け/春季東北高校野球

【久慈―羽黒】5回久慈1死二、三塁、荒谷陽己(右)が右翼線への2点適時打を放ち、2―0とする=福島県営あづま球場
【久慈―羽黒】5回久慈1死二、三塁、荒谷陽己(右)が右翼線への2点適時打を放ち、2―0とする=福島県営あづま球場
第69回春季東北地区高校野球大会は8日、福島県の県営あづま、ヨーク開成山スタジアムの2球場で開幕した。初日は1回戦5試合が行われ、青森第2代表の弘学聖愛が学法石川(福島(3))を下して、準々決勝進出を決めた。岩手第3代表の久慈は羽黒(山形(.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録