【南部氏誕生 光行と「鎌倉殿」の時代】(5)甲斐源氏

「富士川合戦」の地に建つ平家越の碑。水鳥の逸話が有名だが、甲斐源氏の快進撃が平家撤退の要因とみられる=静岡県富士市
「富士川合戦」の地に建つ平家越の碑。水鳥の逸話が有名だが、甲斐源氏の快進撃が平家撤退の要因とみられる=静岡県富士市
南部氏は、甲斐国(現山梨県)に勢力を伸ばした甲斐源氏を出自とする。平安時代、陸奥・出羽(現東北地方)を舞台に後三年合戦(1083~87年)を戦った八幡太郎源義家の弟新羅(しんら)三郎義光を祖に位置付ける一族である。戦国大名武田信玄(晴信)が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録