「安全操業できるのか」 協定中断、北海道の漁師ら

北方領土周辺で日本漁船が拿捕されないための「安全操業協定」について、ロシアが7日、一方的に中断すると発表した。北海道東部の漁業関係者たちの間では「安全な漁ができるのか」との動揺が広がった。9月から始まるホッケ刺し網漁に影響が及ぶ恐れがある。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録