海外との交流継続支援へ 五輪ホストタウンに助成 JSC、来年度から開始

 2021年4月、前橋市の語学学校で日本語の授業を受ける南スーダンの陸上選手たち
 2021年4月、前橋市の語学学校で日本語の授業を受ける南スーダンの陸上選手たち
昨年の東京五輪・パラリンピックでホストタウンとなった全国の自治体と、各国・地域との継続的な交流を支援するため、日本スポーツ振興センター(JSC)が新たな助成制度を設けることが6日、分かった。スポーツ振興くじ(サッカーくじ)の売り上げを財源と.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録