防げ、サウナの体調急変リスク 八戸高専生が体温変化研究

サウナ入浴時の温度変化の予測について研究する石橋輝さん(右)と指導する古川琢磨助教=5月下旬、八戸市
サウナ入浴時の温度変化の予測について研究する石橋輝さん(右)と指導する古川琢磨助教=5月下旬、八戸市
「ととのう(整う)」や「サ道」でブームとなっているサウナ。高温の室内、水風呂、休憩の順番に繰り返す入浴法は、リラックス効果などが期待される一方で、急激な体温変化により一時的に血圧が上昇し、心筋梗塞や脳出血を起こす危険性をはらむ。このリスクを.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録