災害情報、地デジ波で伝達 規格策定と補助で後押し

 地デジ波を使った情報発信のイメージ
 地デジ波を使った情報発信のイメージ
火災や風水害などの災害情報を、自治体がテレビ局の地上デジタル放送を使って住民に届ける取り組みが始まっている。電波塔などの新設が不要で、音声だけでなく文字や映像で避難を呼びかけることもできる。総務省消防庁は今後の普及を見据え、受信機の標準規格.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録