元稀勢、茨城で「横綱を」 二所ノ関部屋が部屋開き

 二所ノ関部屋の部屋開きで父の萩原貞彦さん(中央)、母の裕美子さん(左)と記念撮影する二所ノ関親方=5日、茨城県阿見町(代表撮影)
 二所ノ関部屋の部屋開きで父の萩原貞彦さん(中央)、母の裕美子さん(左)と記念撮影する二所ノ関親方=5日、茨城県阿見町(代表撮影)
大相撲の二所ノ関親方(元横綱稀勢の里)が率いる二所ノ関部屋が5日、茨城県阿見町で部屋開きを行った。故郷の同県牛久市との境でスタートした35歳の師匠は「この地から強い力士を出して、将来的には横綱、大関を輩出するのが私の夢」と力強く抱負を述べた.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録