情報の選択権、子どもの側に 出自知る権利、当事者ら訴え

 出自を知る権利の論点
 出自を知る権利の論点
第三者から提供された精子や卵子を使い生まれた子どもが遺伝上の親を知る「出自を知る権利」。海外では30年以上前から法律で認める国があり、国内でも権利の保障を求める動きが強まっている。だが超党派の議員連盟が検討中の新規立法では提供者確保を理由に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録