これかわ考古学クラブ開講 遺跡群の特徴学ぶ/八戸・是川縄文館

子どもたちが縄文遺跡群の特徴などを学んだ「これかわ考古学クラブ」の開講式
子どもたちが縄文遺跡群の特徴などを学んだ「これかわ考古学クラブ」の開講式
八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館(工藤朗館長)は5月28日、小中学生が遺跡で見つかった出土品に触れながら縄文時代について学ぶ「これかわ考古学クラブ」の開講式を開いた。参加した市内の子どもたちが、考古学の研究方法や、世界文化遺産に登録された.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録