着用緩和、脱マスク進まず 専門家、コロナ感染状況で判断を

 厚生労働省のマスク着用の考え方
 厚生労働省のマスク着用の考え方
新型コロナウイルスの感染爆発が落ち着き、厚生労働省が屋外など一定の状況ではマスク着用を不要とする考え方を5月20日に示した。しかし半月たっても、公園のベンチで憩い、オフィス街を行き交う人たちの間で脱マスクは進んでいない。暑くなると熱中症のリ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録