戦闘長期化、耐える避難民 就職や語学、新生活を模索/ウクライナ侵攻100日

 シェルターの完成を祝う避難者ら=5月25日、ウクライナ・ドロホビチ(共同)
 シェルターの完成を祝う避難者ら=5月25日、ウクライナ・ドロホビチ(共同)
ロシアによるウクライナ侵攻から100日となり、戦火を逃れた住民の避難生活が長期化してきた。主要な受け入れ先となったウクライナ西部では、住居や地下シェルターの整備が進む。「終わりの見えない戦争に耐え抜いてみせる」。仕事探しや語学習得などに励み.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録