天鐘(6月3日)

プロ野球を見ていて悔しいのは、ひいきチームの打者がチャンスで凡退してしまうこと。それが三振だったりすると、愚痴の一つも出てしまう。「当てるぐらいはできるだろう」▼三振には「空振り」と「見逃し」がある。バットを振って当たらなかったのが「空振り.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録