麦価高騰、転作拡大の可能性も

 小麦売り渡し価格の推移
 小麦売り渡し価格の推移
2022年産の主食用米の作付け見通しでは、37道府県が前年実績から作付面積を減らす考えを示した。ロシアのウクライナ侵攻の影響などで世界的に小麦や大豆などの穀物価格が高騰する一方、消費が低迷する国内の米価は下落傾向が続く。政府は食料安全保障の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録