Free朝のニュースダイジェスト(6月3日)

【十和田休屋で廃屋撤去進む】
 十和田八幡平国立公園の十和田湖畔休屋地区で、国有地に放置され、景観を損ねていた廃屋の撤去が進んでいる。2021年4月時点で11件20棟以上あった廃屋は、23年度までに4件6棟の撤去が完了する見通し。

 【青森で219人の感染確認】
 青森県は2日、県内で新たに219人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。みなし陽性は3人で、新規感染者数は計222人だった。上十三と東地方保健所管内で各1件のクラスターが発生。

 【おいらせ町が保育委託料過払い】
 おいらせ町は2日、町内10カ所の認定子ども園での延長保育の委託料について、過払いがあったことを明らかにした。2018年4月からの3年間で総額は367万1830円。

 【CFで大鳥居の再建へ】
 八戸市豊崎町の七崎神社保存永久の会(嶋森兼一会長)は本年度、6年前の台風で壊れた大鳥居の再建に向け、クラウドファンディング(CF)に乗り出した。

 【三戸の金属加工会社が介護手当を導入】
 人口減少により人材不足が深刻化する中、従業員の働きやすい環境をつくり、雇用維持に努める会社がある。金属加工を手がける佐々木鉄工ベンディング(三戸町)は、6月から福利厚生の一環として「介護手当」を導入した。

お気に入り登録