石川のF15墜落、空間識失調か 空自が推定、機体に問題なし

航空自衛隊のF15戦闘機が1月、石川県の小松基地から離陸直後に墜落し、乗員2人が死亡した事故で、空自が事故原因について、パイロットが機体の姿勢を錯覚する「空間識失調」に陥ったと推定していることが2日、政府関係者への取材で分かった。空自は機体.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録