青森県は争う姿勢/県警警察官のパワハラ損賠訴訟

上司のパワハラが原因で適応障害と診断され、病気休暇を取らざるを得ず不利益を受けたとして、青森県警の男性警察官が、県に計約194万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が1日、青森地裁八戸支部(内藤和道裁判長)で開かれた。県は請求棄却を求め.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録