立教大生が八食の魅力を体験 ECテーマに調査、観光活性化策の参考に

学生はグループに分かれ、鮮魚店などを見学した
学生はグループに分かれ、鮮魚店などを見学した
八戸市の八食センターと連携協定を締結する立教大観光学部の3、4年生12人が28日、八食の活性化に向けた「観光ビジネスプロジェクト」の一環で現地調査に訪れた。八食の特徴である「郊外型市場」の施設を見学したり、自慢の水産品を味わったりして魅力を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録