Free女性活躍、ハマに活気 浅瀬で個人ウニ漁「浜下れ」/洋野・大浜海岸

浅瀬でウニを採る部会員
浅瀬でウニを採る部会員

洋野町の大浜海岸で30日、町漁協宿戸漁業実行部会(吹切繁部会長)による今季初の「浜下(はまお)れ」が行われた。潮の引いた浅瀬で行うウニの個人採り漁で、女性を中心に部会員28人が参加。町特産のウニが旬を迎える夏本番を前に、ハマは大いに活気づいた。

 浜下れは潜水などの技術を必要とせず、短時間で収入を得られる浜仕事で、女性も取り組みやすいという。漁は7月まで8回程度を予定している。

 30~80代の部会員が午前8時ごろから活動。波音や海鳥の鳴き声が響く中、かぎを操って海に入り、丸々と肥えたウニを探した。

 約1時間半の漁を終えて浜辺に戻ってからは、資源管理のために大きさを検査。さらに、宿戸漁港荷さばき場でわたやごみを丁寧に取り除き、町内の業者へ出荷した。

 今年部会に加入し、緊張の中「初浜」を迎えた髙屋敷紘子さん(39)は「無事に終えられて良かった」とほっとした表情。「海が予想以上に冷たく大変だったが、たくさん採れるように頑張りたい」と意気込んだ。

………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録