金メダルに「最高の気分」 佐々木選手(五戸出身)が報告会/デフリンピック

金メダル獲得の喜びを語る佐々木琢磨選手=30日、宮城県柴田町の仙台大
金メダル獲得の喜びを語る佐々木琢磨選手=30日、宮城県柴田町の仙台大
今月、ブラジルで行われた聴覚障害者の国際総合スポーツ大会「デフリンピック」の陸上男子100メートルで、日本人初の優勝を果たした五戸町出身の佐々木琢磨選手(28)=仙台大職員=が30日、同大で開かれた報告会に出席し、「最高の気分。苦しい練習を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録