建設現場の7割で法令違反 墜落対策に不備多く/青森県内

青森労働局は30日、2021年度に青森県内の建設工事現場で実施した監督指導結果を公表した。建築工事、土木工事、木造家屋等低層住宅建築工事の現場のうち、全体の約7割で、労働安全衛生法違反が確認された。同局は特に危険性が高いと判断した30カ所(.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録