会津征伐準備? 家康「心得た」 越後国主宛ての書状発見

 富山県で見つかった、徳川家康が越後国主の堀秀治に送ったとみられる書状(高岡市立博物館提供)
 富山県で見つかった、徳川家康が越後国主の堀秀治に送ったとみられる書状(高岡市立博物館提供)
徳川家康が1600年5月に越後国主の堀秀治に送ったとみられる書状が、富山県で見つかった。「そちらの報告は心得た」とあり、関ケ原の戦いにつながった陸奥会津領主上杉景勝征伐(会津征伐)に向け、家康が情報を集めていた様子がうかがえる。家康と秀治の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録