介護や福祉、外国人定着 受け入れ4年で4倍超/青森県内

高齢者施設で働くメイさん。「日本で働き続けたい」との思いを胸に奮闘している=5月上旬、八戸市
高齢者施設で働くメイさん。「日本で働き続けたい」との思いを胸に奮闘している=5月上旬、八戸市
青森県内で近年、介護や福祉の現場で働く外国人が増加している。2018年からの4年間で、その数は4倍以上に増加。施設で働きながら技術を学ぶ技能実習生のほか、留学を経て国家資格を取得した上で就職するケースもある。八戸市内の高齢者介護施設に勤める.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録