【春季青森県高校野球】津川、投打の奮闘/聖愛

【弘学聖愛―工大一】3回弘学聖愛2死二塁、津川凱が左前打を放つ=八戸長根
【弘学聖愛―工大一】3回弘学聖愛2死二塁、津川凱が左前打を放つ=八戸長根
弘学聖愛は先発津川凱が7回6安打1失点と粘投。打っても初回に適時二塁打を放つなど2安打1打点をマークし、2019年以来の決勝進出の原動力となった。 序盤で6点をリードした聖愛。マウンドの津川は何度も走者を背負ったが、テンポのいい投球で味方守.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録