米銃乱射、45分間突入せず 治安当局「間違った決断」

 27日、米テキサス州ユバルディで、小学校での銃乱射事件の犠牲者を悼む人々(ゲッティ=共同)
 27日、米テキサス州ユバルディで、小学校での銃乱射事件の犠牲者を悼む人々(ゲッティ=共同)
【ヒューストン共同】米南部テキサス州ユバルディの小学校で児童ら21人が殺害された銃乱射事件で、同州の治安当局幹部は27日、駆け付けた当局者ら約20人が教室内に突入せず、廊下で約45分間待機していたと明らかにした。現場指揮官は容疑者が教室に立.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録