【重信房子元幹部出所】巧みに人心掌握、「魔女」の異名

 若い頃の重信房子元最高幹部
 若い頃の重信房子元最高幹部
巧みな人心掌握術で組織を拡大していく姿から、周囲に「魔女」と称された「日本赤軍」の重信房子元最高幹部(76)。収監中はがんと闘いながら日記のように短歌と日々の思いを手紙につづり、支援誌への寄稿を続けた。 1965年に明治大に入学すると、学生.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録