母子手帳、10年ぶり刷新へ 時代に配慮、父親参加も

 母子健康手帳見直しの論点
 母子健康手帳見直しの論点
厚生労働省は妊娠から出産、育児を記録する母子健康手帳を2023年度に約10年ぶりにリニューアルする。戦時中の1942年から発行されているが、内容が時代にそぐわなくなっているとの指摘があり、手帳の電子化のほか、双子や三つ子などの多胎児や、障害.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録