飛び地の歴史をひもとく 『南部八戸藩志和通り』刊行

『南部八戸藩志和通り』
『南部八戸藩志和通り』
岩手県紫波町の淺沼幸男さん(76)が、江戸時代に八戸藩の飛び地だった同町の歴史をひもとく『南部八戸藩志和通り』(ツーワンライフ出版)を刊行した。 八戸藩が成立すると、志和(紫波)は藩随一の米どころとして藩財政を支えた土地。本書では志和が八戸.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録