天鐘(5月15日)

庶民の味であるサンマが沖縄の食卓に上り始めたのは戦後からだという。当時の沖縄はまだ米軍の統治下。島へ入ってくるサンマには20%もの関税がかけられていた▼元々サンマは課税の対象外。その理不尽を憤ったのが、卸売りをしていた玉城ウシである。たった.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録