Free児童も保護者も熱々 春の運動会シーズン到来

運動会で、籠を目がけて力いっぱい玉を放り投げる児童=14日午前9時半、八戸市立旭ケ丘小
運動会で、籠を目がけて力いっぱい玉を放り投げる児童=14日午前9時半、八戸市立旭ケ丘小

北奥羽地方の小学校に春の運動会シーズンが到来した。14日は八戸市内の4校が先陣を切って実施。グラウンドに子どもたちの元気な声が響いた。

 市立旭ケ丘小(中奥尚子校長)では、児童339人が紅白に分かれ、徒競走や玉入れなどさまざまな種目で熱戦を展開。保護者も熱い声援を送った。

 ダンシング玉入れなどに参加した2年の磯嶋栞奈さん(8)は「玉入れは白組に負けて悔しかったけど、その後のお片付け競争で勝てた。走るのも、仲間を応援するのも楽しい」と笑顔を見せていた。

 市教委によると、市内の小学校の多くは21、22日に実施する。

お気に入り登録