時評(5月14日)

沖縄の本土復帰から50年の節目を迎え、玉城デニー県知事は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設断念や日米地位協定の抜本的な見直しなどを求めた「建議書」を岸田文雄首相に手渡した。 知事と首相の会談はわずか15分。辺野古移設を巡っ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録