【参院選青森】比例票、駆け引き表面化 前回成果に公明不満も/自公バーター戦術巡り

齊藤直飛人氏(中央)の支援を巡り、そろって会見する伊吹信一代表(右)と江渡聡徳会長=13日、八戸市
齊藤直飛人氏(中央)の支援を巡り、そろって会見する伊吹信一代表(右)と江渡聡徳会長=13日、八戸市
今夏の参院選青森選挙区(改選数1)で、自民党公認候補を支援する公明党が、代わりに自民から全国比例票を得るバーター戦術を巡り、神経をとがらせている。公明は北海道・東北地区での1議席維持に向け、青森県内で比例7万票獲得を掲げており、達成には自民.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録