世界小麦生産450万トン減 ウクライナ侵攻の影響

 ウクライナの小麦畑=2016年7月(ロイター=共同)
 ウクライナの小麦畑=2016年7月(ロイター=共同)
【ワシントン共同】米農務省は12日、5月の農産品の需給見通しで、2022~23年度の世界の小麦生産量は7億7480万トンと前年度より約450万トン減るとの見通しを示した。ロシアによる侵攻でウクライナの生産量が大きく落ち込むことが響いた。一方.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録