腕に覚えの太公望、釣果競う 東北町でヘラブナ釣り大会

ヘラブナ釣りを楽しんだ参加者
ヘラブナ釣りを楽しんだ参加者
東北町の花切川で4日、「へら鮒(ぶな)釣り全国大会」(小川原湖釣り友の会主催)が開かれ、町内外から集まった太公望50人が釣果を競った。 大会は、連休の恒例イベントとして毎年この時期に開催。一般の部47人、ジュニアの部(中学生以下)3人が参加.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録