洋上風力発電、久慈沖で調査 東北電とイデオル社(仏)

東北電力は12日、再生可能エネルギー事業を手がけるイデオル社(本社フランス)と、浮体式洋上風力発電の共同事業化に向けた実現可能性調査を久慈市沖で始めると発表した。規模は明らかにしていないが、発電出力は国がガイドラインで定める35万キロワット.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録