青空の下、のびのびと 三沢市営牧場、牛の放牧始まる

トラックから降ろされ、青々とした牧草をはむ牛
トラックから降ろされ、青々とした牧草をはむ牛
三沢市営牧場で2日、本年度の牛の放牧が始まった。市内11戸の肉牛農家と酪農家から預かった肉用牛と乳用牛が青々とした草原に放たれ、青空の下で草をはんでいる。放牧は11月18日まで。 生産者の負担軽減と牛の健康的な育成が狙い。指定管理者のサウザ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録