時評(5月12日)

ナチス・ドイツを無条件降伏させ、欧州での第2次世界大戦を終結させた戦勝記念日を祝う式典がロシアで行われ、従来の祝賀ムードとは程遠い状況が浮き彫りにされた。ウクライナへの軍事侵攻が重い影を落としたためだ。 首都モスクワの式典で演説したプーチン.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録