【ウクライナ侵攻】プーチン氏、消えぬ野心 戦闘能力伴わず、長期化へ 米情報機関分析

 米情報当局トップの分析
 米情報当局トップの分析
ウクライナに侵攻したロシアが当面の目標とする東部ドンバス地域の制圧を達成したとしても、西方の黒海沿岸一帯の奪取を狙うとの見方が広がっている。米情報機関のトップは10日、プーチン大統領が抱き続ける領土的野心を議会で証言。ただロシア軍の戦闘能力.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録