国際情勢激変で対応急務 国に裁量、企業萎縮も/経済安保法成立

 経済安全保障推進法に残る曖昧さ
 経済安全保障推進法に残る曖昧さ
重要インフラ・物資の確保を図る経済安全保障推進法が成立し、政府はウクライナ危機などで激変する国際情勢への対応を急ぐ。規制対象は曖昧で国の裁量による介入余地が大きく、企業側の萎縮を招く懸念は拭えない。国会論戦は低調に終わり、運用に向けた課題は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録