生涯現役で和船造りを 岩手の職人「私の役目」

 震災後に村上央さんが建造した「和船」。地元では「カッコ船」とも呼ばれる=2月、岩手県陸前高田市
 震災後に村上央さんが建造した「和船」。地元では「カッコ船」とも呼ばれる=2月、岩手県陸前高田市
岩手県陸前高田市の村上央(ひろし)さん(79)は、日本古来の木造船「和船」を造って約60年の船大工だ。東日本大震災に見舞われた漁師から相次いだ注文で続いた復興需要は一段落。新造や修理依頼が低調となった近況に寂しさは募るが「『和船じゃなきゃ駄.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録